医局に所属するメリットとは

医師の属する医局とは

大きな病院には医局があります 

医局は1人の教授を頂点としてピラミット型をした研究仲間であり、同一診療科の医師たちのグループのことを言い、ほとんどの医師が自分の出身大学に所属していて10人から100人位の人たちから成り立っています。そこに所属すると病院への就職口に困らないし、研修医としていろいろな経験を積もことができ大学の認める「医学博士」の学位が取れます。医局に知り合いがいる中小規模の病院では慢性的な医師不足でもそこから人員を世話してもらうことができます。しかし昨今その制度が崩れてきていて、それに頼らず自分の意思で仕事を探す人も増えて

病院内で耳にする医局は 

どの業界でも同じですが、業界内における言葉が多くあります。医療業界には、病院ないでもその内容が知られていない言葉が存在しています。ドラマなどでもよく耳にするので知っていてもそれについて説明することは、困難です。病院における医局は、一般的になんとなく意味合いは理解できますが説明となると困難です。そもそも医局とは、執務室や控室の事を指します。それが転じて、大学における診療科目ごとの教授を頂点とした人事組織のこともさすようになりました。同じ意味合いで講座や研究室グループごと、教室などと呼ぶこともあります。いずれ

© Copyright 整形外科の医師の仕事とは. All rights reserved.