医師として何をするか

整形外科の医師として働く

整形外科の医師の仕事内容 

骨格、筋肉、関節、靭帯など体の動きや姿勢などに関係した病気やけがの診療をしているのが整形外科です。例えば骨折などの場合、治療のために一定期間関節を固定して安静を保たなければならないような場合がありますが、そのために関節が硬くなってしまうといった弊害も起きてしまいます。そのような場合に、いかに弊害を少なくするか、どうしても避けられない場合はリハビリで回復を促す、また、そのけが(病気)がその人の生活にとってどれくらいの支障をきたしているかなどを考慮することもこの科の医師の仕事内容として大事なことになります。

整形外科の部門及び医師の仕事 

整形外科は、肢体の機能障害の回復を対象としています。臨床医学の1部門であり、主に脊髄、四肢などの運動器官の形態異常の矯正や機能回復などが仕事内容です。医師としての治療の対象には、骨、関節筋肉の疾患の治療が主な仕事ですが、先天性変形、骨折及び脱臼、更には、骨、関節の炎症やポリオなどの予防や治療や手術など機能回復を図ります。その他、必要に応じて神経系の麻酔など目的や治療の内容に応じては、形成外科や美容整形といった分野に区別されます。

© Copyright 整形外科の医師の仕事とは. All rights reserved.