医師のための転科情報

医師が転科を行うためには

仕事とは

医師の転科について理由とリスク 

医師が診療する専門とする科を変える事を転科と言いますが、珍しくない事です。理由としては他の科に魅力を感じた為に変更するといった前向きな理由が多いですが、魅力を感じる部分に患者さんが多い科であったり、将来開業をしたいという医師に多く見られます。その他には人間関係の悩みや体力的に多忙で続けれそうにない等があります。また女医さんに多い傾向ですが、ファーストキャリアとして積んでいる科では多忙すぎて仕事と家事の両立が難しい為に止む無く両立が出来そうな科へ転科をする人も少なくありません。専門とする科を変える事においては簡単な事ではなく、新しい専門知識と技術が必要で、認定医としての資格を持たないと仕事すら出来ない状況になります。ベテランの技術を持った人でも新しい職場では新人扱いになる事も当たり前な話で容易ではないですが、やり遂げた先には他の科の認定医を持つ事で確実にスキルアップに繋がるし、より対応できる患者さんの幅が広がります。

医師が転科するときは 

医師の転科には、やりやすいものとやりにくいものがあるようです。例えば、外科から内科はしやすいですが、内科から外科は難しいようです。なぜならば、外科は技術が伴う科で有る上に、手術など手先を使う作業も多いため、歳を取ってから学ぶには難しいこともあります。また、耳鼻科や皮膚科など扱う範囲の狭い科から広い範囲を扱う内科へ移るのも厳しいと言われています。専門領域が限られているため、いちから勉強しなおさなくてはいけないからです。また、内科の中で枝分かれした科から別の内科の科へ移る、といったこともあるようです。基本的には始めに選んだ科でずっと続けるというのが多いようで、研修医の方は研修中、さまざまな科で研修を受ける中で、自分の専門をじっくりと決めていかなければなりません。また、転科を専門としたコンサルタントなどもいるので転科を希望している医師は相談などをすることもあるようです。

© Copyright 整形外科の医師の仕事とは. All rights reserved.