専門医になるためには

専門医の資格を取るためには

医師の専門医療資格は学会等で認定される 

医師の広告が解禁されてから、広告の中で専門医療資格を標榜できるようになりました。この資格は、内科や外科などの診療科目とは別で各学会等で認定されるもので、国家資格とは別物です。このような資格には、日本外科学会が認定する外科専門医のようなオーソドックスな名称のものから、日本麻酔科学会認定の麻酔科専門医や日本リハビリテーション医学会のリハビリテーション科専門医などきわめて狭い専門範囲に限られるものまであります。そして、その総数は60種類近くあります。今では、薬剤師、看護師などの医療従事者にも認められています。

医師の専門医療資格について 

医師にはそれぞれ専門の分野が存在します。内科や外科、消化器科や呼吸器科といったようにです。そんな中でも専門性を表す専門医療資格というものが存在します。各学会が資格認定を行っている「専門医」という資格があります。例を挙げると、放射線科専門医、耳鼻咽喉科専門医や脳神経外科専門医などがあります。他にも看護師でも同様の資格があり、がん看護専門看護師や精神看護専門看護師などがあります。専門医療資格を保有している医師は、より信頼して受診するための一つの基準として考えることができます。

© Copyright 整形外科の医師の仕事とは. All rights reserved.