患者の個人情報を守る

患者の個人情報保護のために

医療情報の開示について 

医療情報には、様々な個人情報が書き込まれています。例えば、一人の患者がどのような病気を抱えていて、今までどのような怪我や病気の経歴があり、どのようなものにアレルギーをもっているかなどといった、極めてプライベートな情報が記されているので、そうした個人の医療情報のプライバシーは、慎重に扱う必要があります。一方、病気に対してどのように治療を行って行くのか、あるいは、患者がかかっている患っている病気がどのようなものなのかということに関しては、患者に対してわかりやすく開示して治療を進める必要があります。

医療情報の保護について 

平成17年4月に施行された個人情報保護法により、医療機関は個人情報取り扱い業者として扱われています。ここでいう個人情報には医療情報も含まれています。医師には患者の個人情報を守る秘守義務がありますが、患者やその代理人が開示を要求してきた場合は、開示出来ないこともあります。医師は原則としてこの開示要請には応じなければならないのですが、開示が法令に反する場合や、患者の権利を害すると判断できる場合は、これを拒むことができます。ですので、私たちの医療情報は医師の方々の責任の下で正しく保護されて守られています。

© Copyright 整形外科の医師の仕事とは. All rights reserved.