研修医が希望の病院へ行くには

医師が自分の専門分野を選ぶとき

医師のマッチング制度とは 

医師になるためには大学の医学部や医科大学などで提供される6年制の教育課程を受けて、国家試験に合格し免許を得たあとに2年間の臨床研修を受ける必要があります。この臨床研修を受ける病院は学生が在学中に選択することになり、この選択を支援するのがマッチング制度と呼ばれるものです。この2年間の臨床研修は、医師法によって定められた義務であるため、その研修先の漏れがないように日本全国の臨床研修指定病院と学生の希望順位を登録させて、コンピュータで一斉にマッチングさせる仕組みになっているのがマッチング制度になります。

医師の臨床研修マッチング制度とは 

医師になるためには大学の医学部や医科大学で提供される6年の教育課程を経て、国家試験に合格し免許を得たのちに、臨床研修指定病院で2年間の臨床研修を受ける必要があります。この臨床研究を受けるための支援制度としてマッチング制度があります。医師を目指す人は、国家試験に合格し免許を得たあとに希望する臨床研修指定病院を登録することで、コンピュータが自動で希望の臨床研修指定病院を選んでくれるというものです。マッチング制度では、第1希望で8割り程度がマッチし、その後さらに第2希望、第3希望と決まっていきます。

© Copyright 整形外科の医師の仕事とは. All rights reserved.