研修医の医局配属とは

医学部を卒業したあとは

仕事とは

新卒の医師の進路について。 

新卒の医師の進路は多岐にわたります。大学を卒業し、国家試験に合格した後は、原則として2年間の研修医生活経験します。その後の進路は実に様々です。例えば、専門研修、大学院進学、医療行政分野等を経て、開業医になる方もいれば、大学病院等の病院勤務の医師になる方、中には留学を選択する方もいるようです。新卒の方が医療の現場へ出ていくまでは長い道のりを経験することになります。その中で医療の知識はもちろんコミュニケーション能力も含めて培われていきます。最近は、特に都市部での医者不足が深刻な問題となっています、少ない人数で多くの患者の対応に追われる日々です。若い医療関係者を育てることが日本の医療現場にとって急務と考えられています。これからの日本はご存知の通り少子化と高齢化が進んでいきます。医療は日々進歩しています。さらに多くの患者を救えるように、今後は医療に携わる人材の育成にも力を注いでいく必要があります。

医局からの紹介で働く医師が一般的だけど 

医学部を卒業して働く場合、大学の医局から病院を紹介されて配属されるのが一般的です。初めは研修から始まり、慣れないことばかりで、すべての経験がその後の働きにも大きな影響を与えることでしょう。医局の力は地元では絶大なものがあるので、その中で働くというのは大きな安心感にもつながります。しかし、最近は様々な事情から自分で求人サイトなどを利用して職場を見つけたり、スカウトされたりという形で、自分で職場を選ぶ医師も増えてきています。大学との関係が切れることによる不都合もありますが、自分の可能性を求めて、あるいは自分が最も必要とされている場所を探して、新たなチャレンジをしたいと考えることは悪いことではありません。待遇面でもアップすることが多く、将来的に独立を考えている場合にも良いステップアップとなることでしょう。全国どこでも、医師の求人は多いので、自分で病院を選ぶこと自体、決して難しいことでもありません。特に地方ではニーズも多いです。

© Copyright 整形外科の医師の仕事とは. All rights reserved.