麻酔医の役割と大切さ

麻酔科の医師について知る

仕事とは

最近増えている麻酔科の医師 

麻酔科の医師というと、専門の過程を研修した人を思い浮かべますが、実際のところ.麻酔を行うために必要な資格はありません。通常の国家資格である医師の免許があれば誰でも麻酔をすることはできます。手術の際には、麻酔をするのが主な仕事になります。ただ、それ以外に麻酔科としての仕事は、手術の前日などに患者に麻酔のメリットやリスクをお話して、同意ももらいます。そのような麻酔をするかの計画を立てて、手術が無事に終わるまでそばにいて安全を守っています。その手術中は、全身麻酔になると患者の意識がなく痛みや苦しさを言うことができません。それを、代わりに察知してモニターや顔色などから異常がないかを見守りながら適切な処置をしていきます。患者の命を、守ることが一番の使命と考えています。患者の痛みの緩和も、術後の仕事になります。あまり目立つことはありませんが、いつも命を守る最前線にいると緊張して仕事をしています。安心して、手術ができるようにしています。

麻酔医の全身管理とは 

麻酔医は、手術中とても重要な役割を果たします。大きな手術の時は全身麻酔をかけますから、その間の意識のない患者の命の維持も麻酔医の仕事です。しかし、大切な役割で有るにも関わらず、現在麻酔医の不足するという事態も起きていました。これを受けて、女性麻酔医復帰支援という施策が行われました。出産、育児などで職場を離れた女性麻酔医師や、他科から転科を希望している医師を積極的に採用、または研修を行い、麻酔科の人員として教育するというプロジェクトです。これが推進されたことにより、現在麻酔医不足は解消されつつあります。また、内科や外科のように麻酔科として独立した医院は無い、と思われがちですが、近年はペインクリニックとして開業する医師もいます。ペインクリニックとは偏頭痛や神経痛、めまいなどの痛みをコントロールしてくれるクリニックです。原因不明の痛みなどを神経の働きを弱めたりすることで、改善します。治療とは異なりますが、耐え難い痛みを解消できます。

© Copyright 整形外科の医師の仕事とは. All rights reserved.